So-net無料ブログ作成
日曜大工みたいな ブログトップ

屋内に地デジアンテナを設置する [日曜大工みたいな]

15 Jun 2015

屋内に地デジアンテナの設置

UAH810.jpg

*これは昨年(2014)12月に行なった地デジアンテナ設置の覚え書きです。
参考になれば幸いです。


我が家は屋根の上にアンテナを立てるのが嫌だったのと、近くに送電線の鉄塔がある関係でテレビ受信はケーブルテレビを導入していました。

テレビ受信と電話とインターケットとセットにすると大幅に安くなったのです。

その後、地上放送の地デジ化が完全実施され、インターネットの光回線も価格が下がり、ケーブルテレビのメリットが無くなってきたので、テレビ受信以外は光回線に変更しました。

そうなってくるとテレビ受信のために毎月840円を払い続けるのは勿体ないんですが、ウチには子供部屋にアナログテレビを置いており、ケーブル局の「デジアナ変換」により、2015年3月10日までは視聴できるのでアンテナの設置を躊躇していました。

そもそも、屋根の上にアンテナを立てるとなるとさすがに自分で出来ません。
また、将来付け替えや撤去の必要があれば、また業者に依頼することになります。
そして何より一番の理由は美観的に嫌なんです。

デジアナ変換終了を間近に控え、どうするか検討しました。

①安く済ませたい。
②自分で取り付ける。
③メンテナンス不要。または最小限のメンテが簡単にできる。
④屋根に上がらない。
⑤できれば屋内に取り付けできる小型のアンテナ。
⑥実用レベルの受信感度。

以上を考慮して検討した結果、今回はコンパクトなフラットタイプの地デジアンテナを屋内で一番高いところに設置する事にしました。




我が家の中で一番高いところとは2Fのロフトです。
地上から概ね 8~9Mくらいあるので十分受信可能なはず。


ロフト内の北側角の壁です。
画像のパイプはハンガーラックとして設置したものです。

01ここに地デジアンテナを付ける.JPG


こんな風に、は材の板を取り付けて、本体を設置します。

02こんな感じでは材の板をね.JPG

固定用の金具に合わせて印をつけて、壁面のネジが効くところも合わせておいて、

03金具の位置をよく確認して.JPG

全ての下穴をあけておきます。
穴の大きさは通すネジの太さを考慮する必要があります。
小さな穴に太いネジを無理やりねじ込むと割れてしまうので注意。

04全ての下穴をあける.JPG


アンテナ本体は2kgほどなのでたいした負荷は掛かりませんが、この板の厚さ+壁板(石膏ボード)の厚さ+壁裏に食い込む分を考慮するとネジの長さは40mm以上は必要です。(石膏ボートにはネジが効きませんからその奥の柱まで貫通させます)
(位置を決めて穴をあけてから、値札シールが表になってしまう事に気付いてしばし苦悩(笑)。ま、小屋裏収納スペースなのでこのまま進めます (;^_^A)


05しっかりと付いた.JPG


アンテナの金具はこんな感じ。

06アンテナの方はこんな金具.JPG


こんな風に取り付けます。

08こんな風に付いた1.JPG

08こんな風に付いた2.JPG


電波塔に向けて固定ボルトを締めます。

09取り付け後.JPG


ちなみに、今回使いませんでしたがベランダの柵やポールに取り付けるための金具も付いています。

09柵用金具.JPG


アンテナの角度は、目視できれば簡単ですが、屋内ですから当然見えませんので、こんな風に角度を調べておいて、

09アンテナの角度01.png

iPhoneのコンパスで合わせました。

09アンテナの角度02.PNG


方向と距離の算出は便利なサイトがありました。(最近発見^^;)
[Keisan]スカイツリーのほか、瀬戸、生駒、福岡のタワーを調べられます。
*その他の電波塔も緯度経度を入力すれば可能

生活や実務に役立つサイト「Keisan」
keisan.JPG


地図から自宅を指定して計算すれば距離も方位も出してくれます。
便利なモン作ってくれる人いるんだなぁ~


アンテナケーブルは、浴室の天井裏にある電波分配器に繋ぎます。

10分配器02.JPG
ウチでは7部屋に分配しています。
アンテナ分配器(8分配)



アンテナケーブルはナット付きがおすすめです。




ロフトから浴室の屋根裏まで、どうやって線を引き回すのかが問題だったんですが、この少し前にロフトの壁に穴をあけた事で解決しました。

その穴から写した写真です。
左奥に見えるのが浴室の天井にある点検口です。

10分配器01.JPG

右側に見える箱が強制換気システムのファンボックスなんですが、このメンテナンスをするための点検口が無い事を指摘して、工務店にあけてもらいました。

そもそもファンボックスはメンテナンスフリーだと聞いていたんですが、その後定期的に清掃が必要である事が判明! あんな狭いところに上がれませんからね。壁を開けてもらわなきゃ。



接続作業を完了し、受信感度を調べてみます。いや~便利ですね^^)
昔なら屋根の上と部屋の中とで、
「うお~い映ったか~?」「ノイズだらけだぁ~!向き変えてみて~」なんてやり取りしながら調整したんだもの(素人の場合ですから)

画像のとおりレベルが「68」も出ています。
最大値が「72」だからもう調整の必要はありませんね。
(テレビによっては違うのかも? 我が家のはソニーのBRAVIAです )

アンテナレベル.JPG

もし、向きを調整しても受信レベルが低いなら「ブースター」で増幅する事もできます。
アンテナブースター



アナログテレビを有効活用するなら「地デジチューナー」を取り付ける手もあります。




「デジアナ変換」終了の前にアップするべきでした。すみません。


<<追記>>
屋内に設置する事で、上記の問題点をクリアできるし風雨による劣化はありませんから、基本的にはもう何にもしないでいいわけです。
もっとも、技術や機械の進歩は私の人生の中でさえめまぐるしく進んできました。
モノクロテレビ→カラーテレビ→衛星放送開始→地上デジタル→インターネットによる動画配信と、加速度は高まる一方です。

たかだか50年あまりでこんなに進歩したんですから、今後も新しい技術の普及により、なにかしらの設備変更が必要かもしれません。

これから家を建てる方はその辺を見越して予め策を講じておくことをお勧めします。
現時点でお勧めしたいのは、

アンテナやインターネット、電話などの通信線は外からの引き込み部分から屋内の引き回しをメンテナンスしやすくしておくことが必要です。
「コントロールセンター的なスペース」を用意しておき、メンテや拡張に対応できるようにしておきましょう。


*いずれの通信線も、屋内に引き込んだところに各コントロール機器をまとめて設置できるようにしておきます。場所は玄関付近やダイニングでも、ウォークインクローゼットでもいいですが、いつでもすぐに確認やメンテができるよう、荷物や家具の奥にならない場所を確保しましょう。私の失敗はこの事をあまり意識しなかった事で、あとから面倒な事態が発覚しました。前出の電波分配器も事前に配慮しておけば脚立などを使わずにメンテできる筈なんです。

電波分配器は一般的に浴室の天井裏に付いてる事が多いそうです。
(ケーブルテレビの工事業者の人に伺いました)
一般家屋では上下水配管のメンテナンス用に床下点検口を設置する事が多くなってきてはいるものの、屋根裏などの点検口はほとんど無いので、ユニットバスの上のスペースを利用するのが「慣例」らしいですね。
そういえばユニットバスの天井の開口部って他に必要性を感じません。

*古い家だと電話って玄関にありますよね? あれってそもそも昔は新規に電話線を引き込む時に手間や配線距離を少なくするため、おのずと玄関に近いところに電話を置いたのが、そのままずーっと慣例化したんだと思うんですけど、最近はリビングやキッチンで電話が取れるようになってきてます。

ADSLの契約をした方はご存じだと思いますけど、壁面の電話の差し込み部分と電話機のあいだにモデムを繋ぎましたよね? なので電話機の隣や近くにモデムと場合によってはハブや無線LAN機器、そしてそれぞれの電源アダプターがごっちゃり場所をとってしまったと思います。こういった事がコントロールセンターがあれば解消します。電話線も一旦ここに引いておき、電話機のある部屋へ配線を接続します。


*ご注意ください。新築の際NTT固定電話を引き込みしないで直接「ひかり電話」を契約すると、NTT固定電話に変更する時に番号は引き継げません。
新築当初から光回線で「ひかり電話」を使う場合でも、NTT固定電話を引いてからその番号を使わないと事業者変更(auひかりからフレッツなどの乗り換え)の際は電話番号が変ってしまいます。


*フレッツなどの光回線を契約すると、光ファイバーケーブルを宅内に引き込み終端機器でLANケーブルに変換してモデムへ。そこから各部屋へLAN配線します。
各部屋まで光ファイバーは配線しません。(特に指定して料金払えば可かな?)


*コントロールセンターには電源コンセントも多めに設置してテーブルタップやタコ足による発熱を防ぎます。各機器の放熱を考慮して通気性を確保する必要がありますので、下駄箱の中や戸棚の中は避けてください。もちろんホコリや湿気は大敵です。


*最近の住宅では屋内配線用電線管(塩ビ?のチューブ)を各部屋に配管して、その中に線を通しています。建築当初は各部屋にLAN配線の必要が無くても、空の配管だけは全室に通しておき、コントロールセンターから配線を追加できるようにしておけば安心です。

カナフレキ.jpg
コンセント.png


*現在地デジテレビをお使いならご存知かと思いますが、テレビを設置する場所にもLAN配線を通しておけばテレビをインターネットに接続できます。(機種により対応していない場合もあります)
オンデマンド配信や通信投票を使う場合は配線を通しておきましょう。


以上、どなたかの参考になれば幸いです。
 

棚を作る [日曜大工みたいな]

P1004934.JPG


最近我が家のみーねえちゃんは週末パン屋さんです。
あたらしいオーブンレンジで嬉々としてパンとケーキを焼いています。

P1004949.JPG

P1004952.JPG

P1004954.JPG


パンやケーキの型とか調理器具がふえて仕舞いきれないので、何とかならないかしら?
とワイフにせがまれて、キッチンの吊り戸棚の下にさらに棚を作りました。

P1004940.JPG

棚作りといえば日曜大工の基本です。ちゃちゃっと作っちゃうよ~ん・・・と思ったんだけど・・・
あらためてキッチンを眺めて考えると、L字型の金具とかネジとか見えるのやだなー・・・と思い、
面倒だなぁーと思いながらも、面倒な方法で作りました。


ホームセンターで買ってきたのは、

① 棚板用カラーボード1枚  ② 縦板用板材1枚  ③ 結合用の木ダボ(50個入り)1袋
④ 木工用ボンド1本  ⑤ 木工用ドリルビットセット1個
※ 縦板はホームセンターで購入時に切ってもらいます。

自宅で用意したものは、

電動ドリル 曲尺 巻尺 紙ヤスリ と・・・
壁紙! 家を建てた時の各部屋の壁紙の余りを置いていってくれたのでこれを使います。

P1004947.JPG P1004945.JPG


製作開始です。

縦板と棚板を結合するためのダボ穴をあけます。

P1004946.JPG P1004938.JPG

※ 棚板側は貫通してしまわないよう注意!
(私は1箇所貫通しちゃいました!)
※ 穴位置は正確に測って印を付け、慎重に穿孔します。ズレるとはまりません。

P1004942.JPG

吊り戸棚にも同様に穿孔します。




縦板に壁紙を貼ります

P1004943.JPG P1004944.JPG



木ダボとダボ穴にボンドをつけて結合します。

P1004937.JPG P1004941.JPG



完成です。壁紙使って正解でした!

P1004932kk.JPG P1004933.JPG


使用した工具



RYOBI ドリル FDD-1000  

仕事で使うならバッテリータイプが便利ですが、一年に数回しか使わないならコードタイプがオススメ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

車を地デジ化しました(その2) [日曜大工みたいな]

無事完了その2.JPG


先週は、後付けパナソニックのカーTVの回路本体につなぎましたが、
今回は「映像分配器」を介して純正ナビTVも「地デジ化」します。

チューナー本体は1台なので当然同じ番組しか視聴できませんが、
後部席にもモニターがあるので映さないのはもったいない。
やっぱりモニターは全部活用しましょう。


音声は二つに分岐すると「音量が低下する」ので、ボリュームをUPすれば良いですが、
映像は二つに分岐すると信号電圧が下がり「正常に映らない」です。
映像出力にはボリュームが付いていないので「増幅器内蔵の分配器が必要」ということで、

今回使用したのはこれ↓

映像分配器1.JPG
ZAIN 映像分配器 1in6out
http://item.rakuten.co.jp/wattsu/1in6out?s-id=adm_browsehist_item

サンバイザーやヘッドレストにモニターをいくつも仕込んでる車がありますよね、
あれに使ってるやつです。(ビデオブースター、ビデオアンプとも言います)
これを使ってカーTVと純正ナビに同時に映像供給します。
6分配できる製品ですが、2分配だとすべて片面配線で済むのが利点です。

映像分配器2.JPG

左側の上からVIDEO-IN, VIDEO-OUT1, VIDEO-OUT2, DC-12V+-LINE。
右側がVIDEO-OUT3~6
映像は分配器へ、分配器からカーTVと純正ナビTV双方に入力します。
音声はケーブルを分岐して双方に入力します。


外部入力.JPG

ウチの純正ナビTVの「外部入力端子(ビデオ入力)」は2列目シートの右にあります。
端子に接続したケーブルをそのまま内張りの中へ引き込み、運転席下からマットの下を通して助手席下まで配線しました。
電源線はチューナーと同じところへクリップで結線です。


配線完了その2.JPG見た目もスッキリ2.JPG

全ての配線を終えるとこんな風にぐちゃぐちゃですが、隠してしまえばきれいなもんです。
これで3つのモニターを「地デジ化」できました。


無事完了その3.JPG


チューナー本体とカーTVの回路本体、バックカメラの回路本体、映像分配器が助手席シート下に集まってしまっているので、放熱をよくする対策を講じなければいけませんね
ZAIN 映像分配器 1in6out



参考サイト↓

コネコネット
http://www.coneco.net/SpecList/01951028/?sissr=1

クルマの地デジ化マニュアル
http://www.carnavi-labo.net/reading/chidigi/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

車を地デジ化しました(その1) [日曜大工みたいな]

地アナ終了.JPG地アナアンテナ.JPG


当たり前ですが、アナログ放送終了で車のTVは映らなくなりました。


映像きれい2.JPG

話は「車の地デジ化」です。
アナログ放送終了前からデジタルチューナー導入を検討してました。

ワンセグで十分か?、フルセグが必要か?、2×2と4×4はどうなの?

みなさんはどうしましたか?
画質、音質、データ放送の利便性を考慮して、私は迷わずフルセグに決めました。
あとは2×2と4×4の選択です。
2×2は=2アンテナ2チューナー、4×4は4アンテナ4チューナーということです。
これは複数の受信電波から安定した受信状態を確保するためのものであり、
同時に複数の番組を視聴するものではありません。

フルセグチューナーの場合、基本的に電波状況にあわせてワンセグ←→フルセグを自動切り替えします。
ネットで製品のレビューを沢山見て、最終的にこの製品に決めました。

パナソニック TU-DTV60
http://kakaku.com/item/K0000151683/


地アナ終了と同時に案の定価格が上昇しましたが、お盆を過ぎてからまた下がり始めました。
よぉ~しよし!今だな!と木曜に¥20000で注文したら、日曜日には¥19000に下がってました。
・・・なんだよおーい・・・

チューナー1.JPG


さて、取り付け作業ですが、
この手の製品の要は「アンテナ貼り付け」と「電源処理」です。

アンテナ貼り付けの前にまずフロントガラスをきれいにします。
製品にもクリーナーが付いています。きれいに拭いてから作業しましょう。


チューナー2.JPG

アンテナはタテ10cmヨコ10cmくらいのL字形で、1つで2アンテナです。×2で4アンテナ。
フロントガラスの両サイドピラーから10cm以上内側に貼り付けます。


アンテナ貼り付け1.JPG

私の場合は左端の点検シールを考慮して20cmほど離しました。
裏紙を3段階で剥がしながら貼っていきます。よくできてますね。
しかし一度貼り付けると貼りなおしは出来ませんから慎重に!。ここに一番時間がかかりました。
カー用品店で取り付けを依頼して、上から10CM離して貼られた人が多いようです。
視界を邪魔して目障りですよね~。専門店にも素人が居ますから安心できません。


アンテナ配線.JPG

アンテナコードは天井の内張りからサイドピラーの内張りを通して助手席の足元に引き回し、
床のマットをどかして本体に差し込みます。本体は助手席の下に置きます。



続いて電源確保です。
電源ケーブルは常時電源(黄色)、ACC電源(赤)、アース線(黒)が一つにまとまっています。
コネクターをチューナー本体へ差し込むのは配線作業の最後です。

説明書には作業の前に「バッテリー端子を外す」となっています。
家の電球交換の際にスイッチをOFFにするのと同じです。
安全のためバッテリー端子を外してください。
私は他の電装品を再設定するのが面倒なので外しません。もちろん自己責任です。

電源確保については説明書に詳細な説明はありません。
知識のある人以外に「素人作業」で取り付けて欲しくないからでしょうけど、
専門店の取り付け作業者にも素人が居ますから安心できません。
ですから私は自分ですべて取り付けます。
本来は「取り付けに関する詳細説明書」を添付するべきだと思います。

自信の無い人は専門店でお金を払って取り付け依頼してください。
お金を払っている以上、不具合があればクレームを申し出てやり直してもらう権利があります。


電源確保.JPG

私のエルグランドには純正ナビの他にパナソニックのカーTVを付けています。
このTVを取り付ける際に常時電源とACC電源を純正ナビ裏から直接取り出しました。
今回はこの線から枝取りします。(常時電源、ACC電源ともクリップで分岐)


ギボシこんな.JPGギボシ割り込み.JPG
クリップ結線.JPG

この製品の電源線は「ギボシ端子」に「割り込み接続」するタイプになっています。
今回の私のように、都合の良いギボシ端子が近くに無い場合はオーディオの電源から「分岐」するか、
ヒューズボックスから「電源取り出しヒューズ」で取り出すのが一般的です。
このような配線パーツはどこのカー用品店でも揃っていますので、売り場担当者に聞けばわかる筈です。


次にアース線の接続です。
アース、語源は地球です。日本語では「接地」と表記します。
電気は最終的に地中に流れていくよう配線されるようになっています。
が_、これは基本であり、車両の場合はバッテリーのマイナス端子に繋がるようにします。
が_、バッテリーのマイナス端子はボディの金属部分に接続されているので、
結果_、ボディの金属部分に繋がっているボルトやネジにアース線をはさんで締めこめばOKです。


リモコン受光部.JPG

次にリモコンの受光器を使いやすい位置に貼り付け、コネクターを本体に差込みます。
今回私は床にころがしたままです。
よくもまあ、こんなにセンスのかけらもないパーツを採用したもんです。


次はチューナーからの出力線(映像、音声)をつなぎます。
今回はパナソニックのカーTVの回路本体につなぎましたが、
純正のナビTVにつなぐ場合は「外部入力端子(ビデオ入力)」につなぎます。
「外部入力端子(ビデオ入力)」が付いていない車の場合は「専用ハーネス」を使って接続します。
この場合はオーディオのコンソールパネルを外して純正ナビTV本体を引き出す必要があります。
大変ですが仕上がりはスッキリとスマートです。


最後に電源ケーブルを本体に差し込んで配線は完了です。

車両のエンジンを掛けて、TVのスイッチをON。外部入力を選択します。
画面に何も映らなければ、チューナーのリモコンの電源をおして下さい。
アンテナの接続を確認する画面で「OK」が表示されれば接続成功です。
「OK」にならない場合は、アンテナの取り付け接続が不完全か、現在の位置で電波が拾えないかです。
取り付け状況を確認して、必要なら場所を移動して試してください。

アンテナの接続が問題なければ、一旦エンジンを切って(キーOFFにして)
チューナー本体に添付のB-CASカードを挿入します。


初期設定.JPG

あらためてエンジンを掛け、受信地域などの初期設定を実行します。
郵便番号で居住地域を特定すれば自動的にチャンネルスキャンします。


映像きれい1.JPG

設定が終われば「車の地デジ化」完了です。
説明書をよく読んで使い方を理解しましょう。

デジタルなので当たり前なんですが、走行中でも音声、映像にノイズが入りません。
カーTVのモニターがアナログサイズなので、地デジの画面サイズとの縦横比率の違いから
画面が縦長に映っていますが、まあご愛嬌です。
下の写真で画面に映っているシマシマのノイズは、モニターとカメラの周波数のズレが写真に
出ているもので、実際の肉眼ではこのようなシマシマノイズはみえません。


メインメニュー.JPGシステム設定.JPG

ラジオと比べて音が小さいようなのでチューナーの音量設定ををアップします。

データ放送.JPG

データ放送もちゃんと見れます。


配線完了その1.JPG見た目もスッキリ1.JPG

配線はマットの下に、本体は助手席の下にしまいます。
マットで隠せばスッキリです。


取り付け後、近所まで買い物に出掛けました。
ぜんぜんワンセグに切り替わらないので、地下道にわざわざ入ってみたら切り替わりました。
これで十分大満足です。

次回は「車を地デジ化しました(その2)」です。
「映像分配器」を介して純正ナビにもつなぎます。
後部席のモニタも「地デジ化」です。


<追記>

2012年10月時点のオススメはこちら



あっというまに安くていいものが出てきます。まいっちゃうな~・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ベビーゲートが♪ [日曜大工みたいな]

2007/11/04

 

この子達が赤ちゃんの頃に使っていたベビーゲートです。

 

チョコッと細工して隙間をツメました。

 

 

サウスフィールドのマルチスタンドです。

 

 

1980円と安いんですが結構使えます。

 

 

 

じゃんっ!キッチンテーブル一丁あがり!


お値段以上!ニトリ♪ [日曜大工みたいな]

2007/08/25

10年前にこのマンションに越してきたときは夫婦と1歳半の長女の三人家族。
そのころはオモチャが置いてあるだけの遊び場だった部屋。

次女、三女が生まれ、アルバムだけで20冊以上。本棚は歪んでいます。
いまやランドセルと本や小物が机の上に出しっぱなしだけど、
しまう所が無いので仕方ない。もう少し収納を増やさなければ・・・

ということで、いろいろ見た結果「ニトリ」のMCBシリーズに決定。

玄関内に積み上げられた商品。引出しを含め全部で約2万2千円。
佐川急便のお兄さんが息を切らせて運んでくれました。

これを組み立てるのに200本に上るビス止め!
電動ドライバーの充電も切れます・・・
すべてを連結し、転倒防止金具で固定。

260cmの天井高にピッタリと計算どおりに組み立て完了。
上の2段はpapaが使います。(でも大切なガラクタですぐ一杯に・・・)


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

置いときゃ~ワカラン [日曜大工みたいな]

コールマンのツーバーナー用キャリーケースがなんだか高いので
そのうち自作しようと思っていたら、
先日アウトレットでチャコールグリル用のケースを発見
1500円だったのでこれを加工しました

 

 

ただしロゴが逆さま!(笑)

グリルとツーバーナーでは開き方が違うのでこういう事になっちゃった・・・
ファスナー部分までバラして縫製すれば完璧なんだけど、
そこまでする気にはなれずに・・・
パッと見では市販品のように加工できたのに残念!


まあ~ええやんけ~ だぁれも見てへんわぁいっ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
日曜大工みたいな ブログトップ