So-net無料ブログ作成
検索選択

ランタンを修理する [キャンプのこと]

2013/02/11


8267479aa.jpg


いやいやそんな大げさな事じゃありません。
ポンプカップを交換するだけ。

先日のキャンプでランタンに不具合発生!
持参した286、288、290の内、288のポンプがまったく利かない。
290もだいぶヤバイ状態。
3台持って行って良かった・・・

もちろんリュブリカントオイルは適度に注してるし、劣悪な保管状態でもない。
286と288は2005年に購入。290は2010年に購入。
なのに286は大丈夫。
なぜ?・・・

ま、ひとまずポンプカップを交換しましょう!


キャンプから帰ってすぐ、ナチュラムにポンプカップを注文しておきました。
1個税込み210円。但し送料別。

http://www.naturum.co.jp/item/
P1005562.JPG


もっと頻繁に消費するパーツなら10個入りで210円でもよさそうな物です。
本体に2個くらい付属しててくれればいいのに・・・


288のポンプノブの根元、黒いプラスチック部分を左に少し回して手前に引きます。

P1005547.JPG

P1005548.JPG


そのまま引き抜きます。

P1005550.JPG

P1005551.JPG

P1005557.JPG


ポンプノブを引き抜くと軸が残ります。これがステム。
チェックバルブを開閉するものです。

P1005553.JPG


これを抜くと、奥に見えるのがチェックバルブ。
今回ココは異常ないので触りませんが、加圧した空気や燃料がココから漏れるような場合は、必ずチェックバルブレンチを使いましょう。

P1005554.JPG

P1005556.JPG


試しに286のポンプノブも抜いてみました。

P1005558.JPG


並べてみても、見た目ではぜんぜん違いがわかりません。

P1005559.JPG


擦り減ったポンプカップを外します。

P1005561.JPG


新品に交換してオイルを塗り、元通りに組み立てれば完了です。


ちなみに、これがpapaのフューエルキャリーケース。

P1005468.JPG

P1005469.JPG


ホワイトガソリン4L缶の他、リュブリカントオイル、フィラー、マントル、ウエスと、
フェザーランタン229が収まっています。
予備のポンプカップはココに入れておきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0