So-net無料ブログ作成
検索選択

車を地デジ化しました(その2) [日曜大工みたいな]

無事完了その2.JPG


先週は、後付けパナソニックのカーTVの回路本体につなぎましたが、
今回は「映像分配器」を介して純正ナビTVも「地デジ化」します。

チューナー本体は1台なので当然同じ番組しか視聴できませんが、
後部席にもモニターがあるので映さないのはもったいない。
やっぱりモニターは全部活用しましょう。


音声は二つに分岐すると「音量が低下する」ので、ボリュームをUPすれば良いですが、
映像は二つに分岐すると信号電圧が下がり「正常に映らない」です。
映像出力にはボリュームが付いていないので「増幅器内蔵の分配器が必要」ということで、

今回使用したのはこれ↓

映像分配器1.JPG
ZAIN 映像分配器 1in6out
http://item.rakuten.co.jp/wattsu/1in6out?s-id=adm_browsehist_item

サンバイザーやヘッドレストにモニターをいくつも仕込んでる車がありますよね、
あれに使ってるやつです。(ビデオブースター、ビデオアンプとも言います)
これを使ってカーTVと純正ナビに同時に映像供給します。
6分配できる製品ですが、2分配だとすべて片面配線で済むのが利点です。

映像分配器2.JPG

左側の上からVIDEO-IN, VIDEO-OUT1, VIDEO-OUT2, DC-12V+-LINE。
右側がVIDEO-OUT3~6
映像は分配器へ、分配器からカーTVと純正ナビTV双方に入力します。
音声はケーブルを分岐して双方に入力します。


外部入力.JPG

ウチの純正ナビTVの「外部入力端子(ビデオ入力)」は2列目シートの右にあります。
端子に接続したケーブルをそのまま内張りの中へ引き込み、運転席下からマットの下を通して助手席下まで配線しました。
電源線はチューナーと同じところへクリップで結線です。


配線完了その2.JPG見た目もスッキリ2.JPG

全ての配線を終えるとこんな風にぐちゃぐちゃですが、隠してしまえばきれいなもんです。
これで3つのモニターを「地デジ化」できました。


無事完了その3.JPG


チューナー本体とカーTVの回路本体、バックカメラの回路本体、映像分配器が助手席シート下に集まってしまっているので、放熱をよくする対策を講じなければいけませんね
ZAIN 映像分配器 1in6out



参考サイト↓

コネコネット
http://www.coneco.net/SpecList/01951028/?sissr=1

クルマの地デジ化マニュアル
http://www.carnavi-labo.net/reading/chidigi/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。